fc2ブログ

2023年の活動

2023年の短歌にまつわる活動を記します。

以前については、それぞれ
2022年 / 2021年 / 2020年 / 2019年
・2013年〜2018年(短歌文章
に記しています。

   *

短歌
・「反芻」7首(「短歌」1月号、角川文化振興財団、2023)
・「呼ばずき」32首(ネットプリント「呼ばずき」、2023.2)
・題詠「流」1首(「文芸福岡」第10号、福岡文化連盟、2023.3)
・「人」10首(「文芸福岡」第10号、福岡文化連盟、2023.3)
・「四人」10首(ネットプリント「チーム瓦そば」、2023.4)
・「細雨」13首(「短歌往来」5月号、ながらみ書房、2023)
 ※3首め、「しやう」は「しよう」の誤りです(編集部校正におけるミス)
・「春愁」7首(「短歌研究」5・6月合併号、短歌研究社、2023)
・「秋の花」100首(ネットプリント「二〇二一年九月二十日・十五時~十七時に作ったうた」、2023.5)
・「嚥下」13首(ネットプリント「バーベキューのあとで」、2023.5)
・「朝倉」5首(「現代短歌新聞」8月号、現代短歌社、2023)
・「太るやうに」12首(「歌壇」9月号、本阿弥書店、2023)
・「泥酔まで」20首(「短歌研究」11月号、短歌研究社、2023)
・「風に飛ぶとんかつ」11首(「ランチA」、2023.10)
・「雲のきれはし」3首(「うた新聞」11月号、いりの舎、2023)
・「秋の日」10首(「日向通信」39号、2023.12)


文章
・「どっちをよむ? 米とパン」選と鑑賞〈米〉(「NHK短歌」1月号、NHK出版、2023)
・「一個五十銭」[やってみたかった仕事・やってみたい仕事](「短歌」1月号、角川文化振興財団、2023)
・アンケート「シェアしたい、茂吉のこの歌集」(「現代短歌」3月号、現代短歌社、2023)
・座談会「『つきかげ』はなぜおもしろいのか」、『つきかげ』70首選(「現代短歌」3月号、現代短歌社、2023)
・「2022夏ネットプリント作品集」を読んで(「現代歌人協会会報」173号、現代歌人協会、2023.1)
・「遠いもの、遠いところ」[笹公人『終楽章』書評](「歌壇」3月号、本阿弥書店、2023)
・「変われないもの」[山田航『寂しさでしか殺せない最強のうさぎ』書評](「ねむらない樹」vol.10、書肆侃侃房、2023.2)
・「そのものを素朴に」[栗木京子『新しき過去』書評](「うた新聞」3月号、いりの舎、2023)
・「時間差が生む〈錯覚〉」[うたをよむ](「朝日新聞」、2023.3.12)
・「瀬と淵」[小池光『サーベルと燕』書評](「短歌人」4月号、2023)
・「深くやさしく」[平田利栄『タスマニアの空』書評](「滄」第117号、2023.5)
・「葛藤のあとで」[栗原寛『鏡の私小説』書評](「朔日」第353号、2023.5)
・「一首のもつ時間」(現代歌人協会Webページ、2023.5)
・「〈向こう〉や〈奥の方〉」[畑中秀一『靴紐の蝶』書評](「白珠」5月号、2023)
・「生々しく、リアルに?」[歌壇時評①](「短歌」7月号、角川文化振興財団、2023)
・「窓として、窓から」[名嘉真恵美子『別れと知らず』書評](「うた新聞」7月号、いりの舎、2023)
・「いまなぜ小池光特集なのか――〈作る〉人」(「短歌研究」8月号、短歌研究社、2023)
・小池光〈おもしろい歌〉〈鋭い歌〉各10首選と解説(「短歌研究」8月号、短歌研究社、2023)
・「これだったら私にも」[歌壇時評②](「短歌」8月号、角川文化振興財団、2023)
・リレーエッセイ〈コロナ日乗〉(「現代短歌新聞」8月号、現代短歌社、2023)
・小池光〈アイロニーの歌〉〈文語や修辞の見事な歌〉各10首選と解説(「短歌研究」9月号、短歌研究社、2023)
・「短歌を決定するもの」[歌壇時評③](「短歌」9月号、角川文化振興財団、2023)
・「この世にて」[吉川宏志『雪の偶然』書評](「塔」9月号、2023)
・小池光〈破調のすごい歌〉〈社会詠(時事詠)の名歌〉各10首選と解説(「短歌研究」10月号、短歌研究社、2023)
・「「鯉派」と自由律」[歌壇時評④](「短歌」10月号、角川文化振興財団、2023)
・「詠むこと、斎藤茂吉への思い」(「文学館倶楽部」No.36、福岡市文学館、2023.10)
・〈樹木の歌〉10首選とエッセイ(「歌壇」11月号、本阿弥書店、2023)
・「赤飯」(「ランチA」、2023.10)
・「「読み」の共有へ向けて」[歌壇時評⑤](「短歌」11月号、角川文化振興財団、2023)
・特集「空に見えるものを詠う」エッセイ(「うた新聞」11月号、いりの舎、2023)
・「〈おわり〉の短歌」[歌壇時評⑥](「短歌」12月号、角川文化振興財団、2023)
・「胃カメラと『ネフスキイ』」(「六花」vol.8、六花書林、2023.12)


その他
・「ぶらぶら短歌日記」連載(長崎新聞、月1回):雪(1/16)、変化(2/6)、断酒(3/8)、郷愁(4/3)、日記を読む(5/1)、バーベキュー(6/5)、遅刻(7/3)、散髪(8/2)、夏の終わりに(9/4)、老いのうた(10/2)、コロナ陽性(11/1)、うどん(12/4)
・作品欄合評(「八雁」第68号〜第72号)
・第10回桧原桜賞選考委員
・第53回(令和4年度)福岡市文学賞選考委員
・パネリスト 平山繁美『白夜に生きる』批評会(6/11)
・責任編集 特集 「ここまでやるか。小池光研究」(「短歌研究」8月号〜10月号、短歌研究社、2023)
・ディスカッション「口語と文語の線引?」[塔短歌会全国大会 in 福岡2023](9/9)
・シンポジウム「筑紫歌壇賞20年をふりかえる」(9/19)
・インタビュー(「西日本新聞」2023年10月24日)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年長崎県生まれ。「やまなみ」所属。2018年、『温泉』(現代短歌社)。2021年、『meal』(現代短歌社)。
▶︎『温泉』『meal』のご購入はこちらから。現代短歌社オンラインショップです。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はs.ohsamay@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR