FC2ブログ

浦部みどり『匂いむらさき』(2018年)

Ⅲ章からなる歌集である。そのⅠ章に表題歌がある。この表題歌に、一冊にこもった力がまずは率直にあらわれているように思う。内容の部分でもそうだし、あるいは修辞の部分でもそうである。表題と表題歌の関係としては、当然のようであって、しかし実際には稀有なことではないだろうか。そのあたりをたよりに読み進めた歌集だった。

老父母の保護者となりてゆくわれか匂いむらさきは花絶えず咲く

保護者であった父母が年老いていく。その父母に対して、次は自らが保護者となってつきあっていく。三句は「ゆくわれか」とあるので、そのような状況へ推移していく途上にあるのだろう。完全に保護者となってしまったのではなく、少しずつ、そうなっていくのだ。このときはまだ、その過程にある。下の句には、そのことへの矜持というか、覚悟というか、意を決するような立ち姿があらわれている。匂いむらさきは、というゆったりとした韻律・内容に対して、花・絶えず・咲く、という細切れの韻律・密な内容を接続させるところに、その姿をはっきり見ることができる。

そのほかⅠ章から4首引く。

朧月の白き黄昏さびしさを捨つべき海はめぐりにはなし
沈丁の花の匂いの漂いてゆき止まりなる路地が明るし
夏負けの五体を夜ごと横たえる布団の上に棒切れのごと
母の命保つ一匙と思いつつ唇の間(あい)より粥を入れおり

1首目の「めぐりにはなし」や2首目の「ゆき止まりなる」、3首目の「棒切れのごと」というふうに、一首のなかにひとつ捩れがある。一首が詠いおろされるときの、そのままの力のはたらきや、音の流れとはちがったものがひとつ入り込む。その捩りの力に引き止められるようにして、読者は歌を読んでいく。であるから、なかなか一首を離れられない。ふしぎな読後感と思う。

4首目は「入れおり」がなんとも切ない。歌になることばや、状況や、景色や韻律とはちがうところで、ある種の〈現実〉が横たわる。その〈現実〉が、手づかみで歌に放り込まれるようなところがあって、それが読者をながく立ち止まらせるのだと思う。

     *

つづいてⅡ章から。

父のいて母いて夫と娘いて春の宴の桜まぼろし

往時のにぎわいを「まぼろし」とうたう。誰もかれもがいて、元気で、にぎやかだった一時代である。そう読みたくなるような上の句のリフレインである。「父のいて」まではわりあい冷静なのだ。しかしここにあった助詞の「の」が抜けて、「母いて」「夫と娘いて」とつづいていくところで一首は動き出す。そのいきおいのまま、「春の宴の桜」とたかまっていく。それが最後、「まぼろし」である。この落差に動揺する。

夕風の吹けば偲ばゆ湯上がりの浴衣姿の母の襟元

「襟元」まで歌いこむ、歌のなかに巻き込んでいく、読者の視線を逸らさせないところが、一首に緊張感を生んでいると思う。Ⅰ章に〈母上にあまえて暮らす平穏の日々よ永かれ夜着の糊の香〉とあって、これも「糊の香」までうたうことによって力を得ている。「の」の連続の先に、読者の視線も合わさっていく。だから、「襟元」や「糊の香」が濃くとどく。

新盆の数だけ淋しき思いあり香をまといて帰り来たれり
麻酔より覚めてきびしき夫の貌見守るのみのひと夜のながさ

1首目は「淋しき思い」→「香をまといて」、2首目は「見守るのみ」→「ひと夜のながさ」という運びに、共通の歌の形がある。

     *

さいごにⅢ章から。

悲しみの夏はゆくとも悲しさは置いてゆくのか九月の窓に
もっともっと言えばよかった「ありがとう」もう届かない彼岸の貴方へ

143ページに2首並べて置かれた歌である。「悲しみの夏」という認識をたよりに、そこから「悲しさは置いてゆくのか」と踏み込んでいく。ある種のリフレインである。「悲しみ」と「悲しさ」はどちらも名詞であるけれど、その語のもつ微細なちがいが歌を通して伝わってくる。言語化されていない状態から言語化され分化されてゆく、その途上に、〈うた〉というものがあるのではないかと思う。肌感覚として共有できないことでも、〈うた〉があることで、そこへ手がとどく。共通認識のないところへアクセスできる。「九月の窓に」というささやかな結句が、そんなことを思わせた。「言えばよかったこと」「もう届かないこと」を残して、夏が過ぎてゆく。

柿の皮くるくる剝きて終りまで長く続けりひとりの真昼

山鳥の尾のしだり尾の式の序詞であろう。絶頂の一時代はとうの昔に過ぎ去って、「老父母の保護者となりてゆく」その先に、どこまでもどこまでも続く長い「ひとりの真昼」が横たわっている。「終り」への意識にはっとする。



*歌の引用はすべて歌集『匂いむらさき』(2018年、角川文化振興財団)に依ります。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生。2018年、『温泉』(現代短歌社)を刊行。「やまなみ」所属。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はs.ohsamay@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR