5月27日

   久しぶりに熊本へ来た
大東亜戦争出征記念献木の石碑ありふとき公孫樹のふたつのあひに

(ち)さき店ひしめく路地へ折れたれば緑蔭深し夏は来向かふ

   テレビで日本ダービーをやつてゐる
はつなつの路のおもてに届かむと尾をゆらしつつ馬の小走り

しなやかな脚のうごきに歩みゐる馬に見惚れて解説もきく

競走馬にディープインパクトありオルフェーヴルありキングカメハメハあり皆走る

   夜は飲みながら歌会
生ビール飲みほしたれば中ジョッキのうちがはに泡の輪はのこりたり

やき鳥の串は竹串たべをへてあぶらひかりぬ肉のあぶらが

水槽に烏賊のわうらい見てをればひれのうごきのたゆまぬ哀し

興奮をしたるさいごの一匹が網にとられてしづまるあはれ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生まれ。「やまなみ」所属、野田光介に師事。16歳より作歌を開始。2016年、歌壇賞候補、現代短歌社賞次席、「温泉」50首が話題になる。2017年、現代短歌社賞次席。
▶︎現在、鳥ノ栖歌会に参加。ツイキャスユニット「いいぞもつとやれ」、企画同人誌「tanqua franca」で活動中。
▶︎初期作品を「空を見てゐる」18首にまとめています。その後の2014年〜2017年の作品は『湯』『温泉』にまとめています。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はkyushu.sc.m.yamasho@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR