凡フライ日記

山下翔と短歌

実感から遠くなる言葉 -4-

(4)言葉から引き起こされる実感

 我々が言葉にするとき、それは誰かに伝えるためにそうするのであった。実感を記述する手段として言葉を選ぶのだ。このことに関して、『複素解析学I』(※1)の中に渡辺公夫が次のような文章を寄せている。

 日常、見聞し、経験することを記述するモノが言葉である。イメージがあり、それを表象する記号としての文字があるのであって、イメージの欠如などないはずである。音があり、しかる後に音声がある。おかげで、言葉を覚えるのに苦労したことはない。体験に支えられた言葉は単なる符丁ではない。



 まずイメージがあり、それを記述するために言葉がある。気分や雰囲気や概念が先にあって、それを伝えるために言葉を使うのだ。
 しかしこのことは同時に、言葉そのものがイメージを背負っているとういうことを意味する。同じようなイメージを表すモノの共通部分として言葉があり、それは、使われれば使われるほど、そのイメージを言葉そのものが備えることになる。そうなると、まず先に言葉があって、そこから引き起こされる実感というものがでてきても不思議ではない。
 寺山修司青春作品集の『少年歌集・麦藁帽子』(※2)の巻末に、三浦雅志が次のように書いている。

 はじめに言葉がある。意識された言葉が。それからおもむろに語りたかったことがやってくる。意識された思想や感情が。――だが、この過程は、一瞬後には転倒している。ほんとうは言葉が思想や感情を捉えたのに、人は思想や感情が言葉を捉えたのだと思い込む。語りたかったことを表現するために言葉が必要とされたと思い込むのだ。言葉という表現の背後に、いつのまにか語りたかったことが形成されたにすぎないのに、人は逆に思い込む。この転倒された思い込みは、やがて、言葉をうまく捉えることができないというもどかしさを生む。



 言葉を持っていて、その言葉を通して世界が見えているにすぎない、ということだ。
 我々は言葉を作り出すわけではない。それは生まれたときからすでに言葉があったからだ。もちろんここでいう言葉とは、辞書に載っているような、一般に認められて使われている言葉のことを指す。そういった、既成の言葉を通じて世界と接触してきたわけだ。
 確かに多少は新しい言葉を作ることもあるだろう。それは1つに「既視感がある」「自分ならではの表現を」という要請による。しかしこれは多くの場合、言葉をつくる、というよりは言葉の組み合わせを変えると言った方が正確だろう。もちろんオノマトペなど、新たに造られる言葉もあるだろうが、定着して言葉として普及する、というところまでは至らない。むろんその必然性はないのだが(あったとすれば、それは「自分ならでは」という要請に矛盾する)。
 もう1つは、時代の要請によるものだ。時代の空気感が、言葉を変化させるのだ。言葉が文化を作る。その文化があって、風土が育つ。そしてその風土にあって、言葉が生まれるのだ。微細な変化から大胆な展開までそのレベルは様々だが、こうやって少しずつ言葉は自身のもっているイメージをより鮮明にしていく。
 これは我々が言葉を作る、というよりもむしろ、言葉自身がそのように変化してゆく、と捉えた方がいいかもしれない。言葉を作る、という能動的な働きかけではなく、気づいたら言葉が変化していた、という受動的なものなのだ。
 
 そういうわけで、イメージを言葉にしている、という風に感じていることは、実はそうではなさそうだということがわかる。実際には、言葉を通して世界を把握している。ひとまずはある枠組みの中で世界を捉えて、それを追いかけるように言葉がやってくる。実感とは、言葉から引き起こされるのだ。
 そしてその中にある些細な違和感を表明することでしか、言葉にするということは成立しえないのではなかろうか。


※1 志賀啓成、1997、数学レクチャーノート[入門編5] 複素解析学I -基礎理論-、培風館、139ページ
※2 寺山修司、2003、寺山修司青春作品集:7 少年歌集・麦藁帽子、新書館、254ページ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する