FC2ブログ

1首鑑賞340/365

さつぱりと無かつたことにする知恵を〈水に流す〉と言へり佳きかな
   桑原正紀『秋夜吟』

     *

昨日に続き〈水に流す〉つながりでもう一首。ここではこの表現を「知恵」と言う。「さつぱりと無かつたことに」なることなんておおよそないわけだが、それでも〈水に流す〉と言ってチャンチャン、はいお終い、とやるわけだ。はっきりそう述べてしまうとのこるわりきれなさを、比喩をもってある婉曲のうちに述べ、さっぱり、きっぱりさせるのだ。たしかに「知恵」である。水に流して流れてしまえばもう戻ってこない。率直に「佳きかな」とまとめて快い一首。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生。2018年、『温泉』(現代短歌社)を刊行。「やまなみ」所属。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はs.ohsamay@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR