初谷むい『花は泡、そこにいたって会いたいよ』(2018年)

イルカがとぶイルカがおちる何も言ってないのにきみが「ん?」と振り向く

水族館のイルカショーをふたりで見ている。背景に音楽がかかっているかもしれない。水の音が残っているだろうか。歓声もあるだろう。それなのに、イルカがとぶ/イルカがおちる、はその映像だけを伝えてくる。無音だ。その一瞬、「きみ」は何か言われたと思って振り向く。ことの順序で言えば、「ん?」と振り向く→何も言ってないのに、となるはずだから、イルカがとぶ/イルカがおちる、とはちがった述べ方をしている。きみが「ん?」と振り向いたことによって静寂がやぶられる。ふたたび無数の音にとりかこまれる。

     *

初谷むいさんのことはまずツイッターで知って、それからいろんな人がつぶやいている歌をさかのぼって読んでいって、その中に冒頭の一首もあったんじゃないかな、と思う。一首で読者のまえにあらわれたときの存在感が際立っていた。いま歌集のなかにそれらの歌とともに様々なほかの歌とがあって、そうしたときにはまたちがった歌に惹かれるようだった。

電話中につめを切ってる 届くかな 届け わたしのつめを切る音

この歌においても、わたし/きみはたしかに隔てられていて、しかし今度はわたしのほうからきみに向かっていっている。電話中につめを切ってる、という状況がまずある。「届くかな」というのは唐突だけれど、それは「ん?」のような、何か世界を動かすような、そこに音をつけたすような装置になっている。「届くかな」と思うことによって、届く/届かないという軸が世界に加えられ、空間は構造をもち、色彩がうまれ、そのことによって「届け」という思いがあらわになる。

「わたしのつめを切る音」はかすかなものである。それも電話越しに。きみは「ん?」と振り向くだろうか。振り向いてほしいのだ。

果汁一パーセントでもゆずれもん あなたひとりでこの世のかたち

果汁一パーセントであってもそのことによってゆずれもんたり得るように、あなた、たったひとりであっても、そのことによってこの世界がわたしにとっての世界たり得る。それくらい、あなたの存在はなにか決定的なのである。あるいは、あなたの存在が物質的にはどれだけ希薄であろうと、感覚の部分ではそんなの関係なく、それだけで立っていられる世界なのかもしれない。

何気ないエピソードにこころおどったり、誰にも気づかれなくてもきみにだけは届いてほしいと願ったり、もうあなたがいるだけで世界の見え方(=この世のかたち)が変わってしまったりする。ひりひりするような隔たりと交わりがある。

氷水から氷を出してあなたはぼくの水も氷水にしてくれた

交わりと言えば、たとえばこの一首。あなた/ぼくは氷水/水であった。その氷をきみがくれて氷水/氷水になる。冒頭の一首のように、ごく日常的な場面(たとえばご飯を食べにいって、あなたはお冷やの氷を指でつまんで取って、ぼくのグラスにいれてくれる)を思い浮かべて読んだけれど、あなたがぼくのほうへ入ってくることによってぼくがあなたに成り得るかのような幻想、あるいは水を氷水にしてしまうような暴力がここにはあって、一首はあるメタファーとしても機能しているように思う。

立っていて 光の中に さかなかえるわにはとわんこぼく走ってく

先の一首は「光の中に立っていてね」という連作の冒頭の一首で、この「立っていて」のうたはその末尾の一首である。さかな、かえる、わに、はと、わんこ、ときて最後に「ぼく」である。こんどは「ぼく」が「あなた」の方へ走っていく。最後尾から。魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類が並べられ、そのいちばんうしろから(おそらく)人間である「ぼく」が行く。「あなた」の存在によって「ぼく」の世界は輪郭をもち、意味が発生し、その「あなた」へ交わっていこうとするこころとからだの動きが「ぼく」を「ぼく」として自覚させる。

     *

ぼく(わたし)/きみ(あなた)がどう関係しているか、ということよりも、どうそこにあるか、ということを見せてくれた歌集だった。もう3首引いて終わりにする。

自転車の座席がちょっと濡れていた ゆびで拭ってもう秋が来る
死後を見るようでうれしいおやすみとツイートしてからまだ起きている
暗い方がいいと言われて消す電気 星 よみかけの吉本ばなな

一首目、秋はかってにやってくるけれど、「ゆびで拭」うことで秋をおびきよせる。二首目、「おやすみ」とツイートした人は隣にいるのだろう。「おやすみ」とつぶやいたのでタイムラインのうえにおいては寝ているのだけれど、現実にはまだ起きている。なるほど死後とはそういうものかもしれない。「ぼく」だからできることだ。そのことがうれしい。三首目、「暗い方がいい」の段階ではなにが暗い方がいいのかわからない。それがだんだんはっきりしてくる。「ぼく(わたし)」がいること、ただそれだけで、世界は世界なんだなあと思う。



*歌の引用はすべて歌集『花は泡、そこにいたって会いたいよ』(書肆侃侃房、2018年)に依ります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生まれ。「やまなみ」所属、野田光介に師事。16歳より作歌を開始。2016年、歌壇賞候補、現代短歌社賞次席、「温泉」50首が話題になる。2017年、現代短歌社賞次席。
▶︎現在、鳥ノ栖歌会に参加。ツイキャスユニット「いいぞもつとやれ」、企画同人誌「tanqua franca」で活動中。
▶︎初期作品を「空を見てゐる」18首にまとめています。その後の2014年〜2017年の作品は『湯』『温泉』にまとめています。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はkyushu.sc.m.yamasho@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR