続・歌集続々

きのう、おとといくらいから風邪で弱っている。と言っても、熱はさほどでもなく、早めに病院に行ったのがよかったのか、これ以上ひどくはならなさそうである。長い休みの前になると体調をくずす、というのがもう何度か続いているのだが、どういうことだろう。気がゆるむのかもしれない。

     *

つい先日「歌集続々」ということで、近刊の歌集についていろいろ追いかけていたのだが、ひとつ大事な歌集を見落としていた。田口綾子さんの第一歌集である。タイトルは『かざぐるま』。「冬の火」で短歌研究新人賞をとってから10年とのこと。いまからすごく楽しみだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生まれ。「やまなみ」所属、野田光介に師事。16歳より作歌を開始。2016年、歌壇賞候補、現代短歌社賞次席、「温泉」50首が話題になる。2017年、現代短歌社賞次席。
▶︎現在、鳥ノ栖歌会に参加。ツイキャスユニット「いいぞもつとやれ」、企画同人誌「tanqua franca」で活動中。
▶︎初期作品を「空を見てゐる」18首にまとめています。その後の2014年〜2017年の作品は『湯』『温泉』にまとめています。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はkyushu.sc.m.yamasho@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR