FC2ブログ

歌集続々

歌集が次々に刊行されていて、なにもかもが追いつかない。

     *

小佐野彈さんの第1歌集『メタリック』の情報をゆうべ知った。5/21発売、野口あや子さんと水原紫苑さんが解説を書いているとのこと。Amazonの紹介ページには

「『メタリック』、凄まじい迫力で向かって来る歌集でした。 解説も覚悟して書きました」──解説・水原紫苑

とある。受賞作、受賞第1作、あるいは角川「短歌」での連作を読んでいるだけだが、この「迫力」という評言はわたしのなかには湧いてこなかった。どんな歌集になっているか、どんな歌があるのか。小佐野さんの歌についてはいろんな評者が長く批評を繰り返していて、それもうっすらとしか追っていないので、どこかで手をつけなくてはなあと思う。

     *

岩田正さんの歌集『柿生坂』は5/25発売らしい。遺歌集ということになるだろう。岩田さんの作品は歌集単位では読んだことがないので、これを機に少しずつ読んでいきたいなと思う。角川「短歌」追悼号では、馬場さんの挽歌一連に厚みと迫力を感じた。一方で『思川の岸辺』(小池光)のような構成にも惹かれる。何が起こったかではなく、そのことによって〈現在〉の〈私〉がどのように感じ、何をして、どういう存在の仕方をしているのかを述べる。そのことによって翻って「何が起こったか」が想起される。そういう作りの歌集であった。話をもとに戻すと、染野さん選で岩田さんの歌をまとめて読めたのもありがたかった。ユーモアとはなにか、ということも思う。

     *

新鋭短歌シリーズは第4期第一弾の3冊が刊行された。第3期までで既に36冊が同シリーズから歌集が出ている。第4期が終われば48冊。この数のことを思う。今回の3冊は初谷むい『花は泡、そこにいたって会いたいよ』、ユキノ進『冒険者たち』、千原こはぎ『ちるとしふと』である。初谷さんのことは去年Twitterで知って、いくつか歌を読みながら唸ったことを思い出す。歌集として1冊にまとまったらどんな姿になるだろうか。ユキノさんは大学の先輩でもある。仕事の歌、ということで言えば堀合昇平さんの『提案前夜』と重なる部分があるだろう。しかし、そこにユキノさん独特の別の世界が織り合わされるはずで、その部分を楽しみにしている。千原さんは完全にはじめまして。プロフィールには「2010年7月からTwitter上での作歌を開始。「短歌なzineうたつかい」編集部、「鳥歌会」主催」とある。どんな歌が並んでいるのだろうか。

     *

穂村弘『水中翼船炎上中』は5/23発売。17年ぶりの歌集という。目次を見る限りでは知っている歌のほうが多そうではあるが、どんな姿になるのかは想像できていない。穂村さんのことだから、何か仕掛けがあるのだろうけれど。「tanqua franca」での寺井さんとの対談も、穂村さんのいろんな部分が引き出されていて面白かった。作家が作品以外のところで何か話したり書いたりしたことを、そのまま作品の読解や鑑賞に結びつけるのには慎重でいたいが、そういう読み方をすることで見えてしまうものもある。そのあたりも楽しみである。「短歌研究」の作品季評での発言なども読み返しておきたい。

     *

現代歌人シリーズからもぞくぞく歌集が出ている。雪舟えま『はーはー姫が彼女の王子たちに出逢うまで』が出て、加藤治郎『confusion』は5/1発売、大森静佳『カミーユ』は5/18発売とのこと。雪舟さんは『たんぽるぽる』を読んでいる。加藤さんは『噴水塔』『しんきろう』『雨の日の回顧展』までしか読んでいない。初期作品に全然触れていないことになる。アンソロジー等で知っている歌はあるが、歌集のなか、連作のなかにあるとちがう立ち姿をしているものである。どこかで読む機会を作らなくてはなと思う。大森さんの第1歌集『てのひらを燃やす』はもう手に入らなくなってしまった。

     *

山川藍さんの『いらっしゃい』が大きく展開され、また話題にもなっている。まひる野の方である。「履歴書の写真がどう見ても菩薩いちど手を合わせて封筒へ」という歌をあちこちで目にしていて、「どう見ても菩薩」という把握から「いちど手を合わせて」へまでいたるキャラクターや歌の作りにひとつの特徴があるのだろう。花山周子さんを思ったが、ひとつの歌から何もかもが言えるわけではないので、なにはともあれ歌集を読むところからだ。

     *

今年は他に辻聡之さんの第1歌集も出ると聞く。石川美南さんの歌集も出るとか出ないとか。他にも毎月のように歌集は出ていて、そのすべてを読もうと思うと大変なことになる。どうしたものかなあ。情報を追えないとこもある。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生。2018年、『温泉』(現代短歌社)を刊行。「やまなみ」所属。
▶︎『温泉』ご購入はこちらから。現代短歌社のオンラインショップです。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はs.ohsamay@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR