FC2ブログ

花山多佳子『鳥影』(2019年)

花山さんの第11歌集が出た。

蒸し暑きこの夕まぐれ新米に手をさし入れてしばしを居りぬ

夕飯の仕度のために触れた新米か、おもいのほか冷たく、手をさし入れて涼むでもなく呆としている。自分以外の誰が見ているわけでもない一場面を、没入することなく乾いた調子でうたう。そんなうたが、この歌集にもやはりあっておもしろい。しかし、ある種の衰えのような質感が滲んでいて、一読わらったあとは、なんとも悲しい気分になることもしばしばあった。

夢のうたがおりおりにある。

それは私が夜中に見てゐたドラマだと娘が言ひぬ夢を語れば
白い影が近づきてわが身体を通過したりアッと叫んで目覚む

夢のなかみを具体的にうたって印象的なものもあるが、それよりもこういう夢と現実のあわいを踏みはずすようなうたにひかれる。手でつかんで引き寄せられるような読後感がある。これも先述の衰えとかかわりがあるのかもしれない。

四句切れで、挿し添えるような結句をもつうたが目に留まる。

街川の匂ひとともに花びらの流れてきたり四階の部屋に
甲羅干ししてゐる亀のうしろ肢のび切つてをり少し宙に浮き

ともに字余りの二首を引いた。結句でもうひとつ仔細に述べるのだが、息切れのようなこころぼそい体感がのこる。描写としては重ね刷りのようにイメージを更新しつつ、一方で、眼差しの経過や、ひといきにはいかない把握、その主体を並べてうたに出すようなところがあるのだ。

街川のほとりに積まれゐる土嚢より細き草垂るここに育ちて

娘に子が生まれ、祖母になった。孫と祖母、というよりも、赤ちゃんとおばあちゃん、という言い方が合っているのかもしれない。

呼ばれたと思へば娘はみどりごにおかあさんはねと言つてをりたり
食料を買ひに出られぬ雪の日の娘と赤ちやんを思ふしばらく

あたりまえだが、親子ではない距離感があるなあとおもう。たとえば小島ゆかりさんのうたを読んでいると親-子のような祖父母-孫の関係もあるのだろうなあ、とおもって新鮮な気持ちになるのだが、そうではない、やはりおばあちゃんと赤ちゃんというべき関係がここには映る。娘を挟んで孫を見る。娘を見るから孫が視界に入る。この感触は、古いようでいて、じっさい、あまり読んだことがない。

咳すれば膝に居る子も咳をする咳なのか真似なのか判然とせず
這ひ這ひをしてゐた子どもがいつのまに外を歩いて手をつなぎくる
でんぐり返し出来ない老いは幼子にでんぐり返しさせてよろこぶ

孫のうた、孫のうた、というが、「みどりご」「赤ちやん」であり、「子」「子ども」「幼子」である。孫とはうたわれない。関係性がさしはさまれない。そういう眼差しのあり方だし、多く連作のうたとも言うべき一冊の、一連の構成によるところも大きいとおもう。

かつて鉈をすぱっと振り降ろすようにして娘を息子をうたった切れ味は健在で、途中からやっぱり楽しくなってくる。さっぱりとしたうたい口は、どこをとってもある。

管理組合広報の隅に書いてあり絶滅するまで猫を処分すと
パーセンテージで消費電力いふことのこの夏あらず足りてゐるらし
豪華列車ななつ星号に小旗ふり見送る人らに何のよろこび
刑務所の面会のごとしパソコンの画面の息子と言葉を交はす

季節のうたが、ごく自然に並ぶ。ひとつひとつの連作のまとまりとともに、歌集全体にゆるやかな流れを与えているようだ。

ベランダのまへの冬木を移り飛ぶひよどりの声するどき夕べ
フランスパンつよく嚙みをり暑にこもる日の唯一の運動として
初春の日のさす床に独楽まはるたび幼子もふらふらまはる

ときおり、なめらかな韻律とともに恍惚とするいっしゅんがある。

なにがなしさびしくしだいに切にさびし北杜夫この世になしとおもへば
冬の日のすいみんじかんは幼子と重なつてゆく娘もわれも

歌集全体の6割ちょっと、172ページまでの感想。



※うたの引用はすべて歌集『鳥影』(角川文化振興財団、2019年)に依ります。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生。2018年、『温泉』(現代短歌社)を刊行。「やまなみ」所属。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はs.ohsamay@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR