FC2ブログ

2020年の活動

2020年の短歌にまつわる活動を記します。
2019年についてはこちらに、それ以前についてはこちら(短歌文章)にそれぞれ記しています。

     *

短歌
・「」7首(「」)
・「」7首(「」)
・「」8首(「」、2020.10)
・「牛車」15首(「あみもの」第三十五号、2020.11)
・「太るでもなく」33首(ネットプリント「立冬過ぎて」、2020.11)
・「坂」7首(「歌壇」11月号、本阿弥書店、2020)
・「薄い味」10首(「ぱんたれい」vol.2、2020.9)
・「題詠百首」100首(ネットプリント、2020.8)
・「山下翔詠草集8」300首(50部限定、2020.8)
・「うたが巧い」12首(「うた新聞」6月号、2020)
・「歯をみがく」10首(「文芸福岡」第8号、2020.4)
・新作2首(ネットプリント「一週間」、2020.4)
・「洗濯機」12首(「Sister On a Water」第3号、2020.2)
・「叔母さん」15首(「ねむらない樹」vol.4、2020.2)
・「おもしろい」13首(「短歌往来」1月号)


文章
・特集展望(「短歌研究」12月号、短歌研究社、2020)
・「〈読み〉の違いに立って」―「青年の主張」第10回(「短歌」10月号、角川文化振興財団、2020)
・法橋ひらく『それはとても速くて永い』一首評(「MITASASA増刊号(歌集を読む!編4)」、2020.8)
・「地震のあとで」―私の知っているくどうれいん(「ねむらない樹」vol.5、書肆侃侃房、2020.8)
・「不連続に劇的に」—「REIWA NEXUS 誌上交換日記」三巡目(「未来」8月号、2020)
・「階数のうた」(「やまなみ」8月号)
・「お金のうた」(「やまなみ」7月号)
・「代数系入門」—「REIWA NEXUS 誌上交換日記」二巡目(「未来」6月号、2020)
・大橋弘『既視感製造機械』一首評(「MITASASA増刊号(歌集を読む!編)」、2020.5)
・「光の道」—「REIWA NEXUS 誌上交換日記」一巡目(「未来」4月号、2020)
・「東直子のうた」(「やまなみ」4月号)
・「風景」—特集「熊本歌会(仮)」(「みなみのかぜ」第八号、2020.3)
・「〈なる〉」[二三川練『惑星ジンタ』書評]—読みましたか? この一冊(「現代短歌新聞」3月号、現代短歌社、2020)
・「句跨りのうた」(「やまなみ」3月号)
・「「連作」ということ」[『平成じぶん歌』書評](「歌壇」3月号、本阿弥書店、2020)
・「現実に割り込んでくる」—特集「口語は短歌に何をもたらすか」(「Sister On a Water」第3号、2020.2)
・「小田鮎子のうた」(「やまなみ」2月号)
・「単調と複雑のあわい」[森本直樹作品評](「もりもとがにゃんを辞めた日」、2020.1)
・「〈五句〉のうた」(「やまなみ」1月号)
・「むしろ〈地のうた〉」[松村正直『紫のひと』書評](「短歌研究」1月号、短歌研究社、2020)


その他
・作品季評(後半)(「短歌研究」11月号、短歌研究社、2020)
・作品季評(前半)(「短歌研究」10月号、短歌研究社、2020)
パネリスト 「小田鮎子『海、または迷路』批評会」(5/30(日)@博多)中止
・展示 「天神・梅花の宴 うたとアートのセッション」(新作3首、2/3(月)〜2/9(日)@ギャラリー風)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生。2018年、『温泉』(現代短歌社)を刊行。「やまなみ」所属。
▶︎『温泉』ご購入はこちらから。現代短歌社のオンラインショップです。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はs.ohsamay@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR