FC2ブログ

1首鑑賞225/365

「鬼みたいにこわい」は直喩「先生は鬼だ鬼だ」と囃すのは隠喩
   齋藤芳生「ざあっと、むがし」(現代短歌2019.1月号)

     *

詞書に「小学生」とある。塾の授業のひとコマだろう。直喩、隠喩の説明に添えられた具体例がいかにもたのしい。先生=鬼で統一されているのも比較がしやすくわかりやすい。つまり極っている。と同時に、それゆえある種のものがなしさも宿る。「囃す」にも見られるが、こういう自虐というか距離のとり方は、学校の先生というよりも塾の先生という感じがする。塾という場所に通うこと、そこで教えること、そしてそこにうまれる空間の手触りをたしかに伝えている。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生。2018年、『温泉』(現代短歌社)を刊行。「やまなみ」所属。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はs.ohsamay@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR