FC2ブログ

1首鑑賞223/365

うれしさの玉ごろごろと益城町(ましきまち)の益城スイカの出荷のニュース
   小島ゆかり『六六魚』

     *

詞書に「熊本地震からまだ二ヶ月。」とある。大きな被害を受けた益城町だが、はやくも、名産であるところのスイカの出荷がはじまったとニュースがとびこんできたわけだ。まずそのことがうれしい。初出で読んだとき、時事をうたへ反射するそのすばやさにおどろいた記憶がある。ニュースでは出荷されるスイカの玉が映像で流れる。スイカの「玉ごろごろ」と、うれしさの「玉ごろごろ」がおおらかに重なり合って、うたのなかに「うれしさ」があふれている。活気ある1首だ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生。2018年、『温泉』(現代短歌社)を刊行。「やまなみ」所属。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はs.ohsamay@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR