この100冊 1

短歌のブログだけど、短歌以外の本もくわえて、
「この100冊」というのを書いていこうと思います。

いま、手元に「この100冊」のリストがあるわけではありません。

これから書きながら、最終的に100になればいいかなあ、と。
ほとんどメモみたいなものですが。

では早速1冊目。

--------------------
1 代数的構造(遠山啓、ちくま学芸文庫)

どんな人にいいかというと、
 1、「群」について簡単に、しかし具体的にも学びたい
 2、「自然数」や「整数」の構成について学びたい
のふたつ。

環と体、ガロア理論まで一冊でいける。射程はひろい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生まれ。「やまなみ」所属、野田光介に師事。16歳より作歌を開始。2016年、歌壇賞候補、現代短歌社賞次席、「温泉」50首が話題になる。2017年、現代短歌社賞次席。
▶︎現在、鳥ノ栖歌会に参加。ツイキャスユニット「いいぞもつとやれ」、企画同人誌「tanqua franca」で活動中。
▶︎初期作品を「空を見てゐる」18首にまとめています。その後の2014年〜2017年の作品は『湯』『温泉』にまとめています。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はkyushu.sc.m.yamasho@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR