凡フライ日記

山下翔と短歌

第9回 頭からかかる

 前回は、三句のオノマトペが上句・下句のそれぞれにかかって一首の詩情を豊かにしている例をみたが、もう少しラフな形のものを今回は二首とりあげる。

・近づいてくる近づいてくる神輿はるかなるあの夏の性愛
     小島なお「神輿」

 近づいて/くる 近づいて/くる 神輿、と定型の力学にそって読むのがいいように思う。近づいてくる、と同時に、何か強い衝動が「くる」、ということが強調されるようだ。
 お祭りの風景の一場面、「近づいてくる」神輿を見ながら、その勢いに「はるかなるあの夏の性愛」を思い起こしている。そしてそれもまた、「近づいて/くる」のだ。同じ作者に「噴水に乱反射する光あり性愛をまだ知らないわたし」という有名な歌があるので、そのことを思ってしまう。
 この歌については、以前にも九大短歌会のブログで触れたことがあって(あの夏)、似たようなことを書いている。
 そのときはおそらく、頭から二つのものへかかっていくやり方を、とくべつ意識してはいなかったと思うが、たとえば次の歌にも同じような構造がある。

・あざやかに季節は移り暗殺もやむなしといふ論の緻密さ
     大口玲子「寒気殺気」

 どういう論理でたどりついた結論なのか、「暗殺もやむなし」ということになってしまった。巧みに論を組み立てて常識をひっくりかえしてしまう手つき、そのあざやかさに困惑している。焦りを感じている。
 季節も、気づいたときにはすっかり移りかわっていて、もうもとへは戻れない。
 あざやかに季節が移り、すなわちそれだけの期間があり、そしてすっかり局面が変わってしまった。次の段階に、突入してしまった。もうやり直すことのできない議論、「暗殺もやむなし」という結果だけが残って、そうこうしているうちにたとえばことは実行され、そこからさらに展開していくだろう。

 二首ともに、スリルを感じた歌だった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する