凡フライ日記

山下翔と短歌

第4回 短歌的な「の」4

・子の体のすべてが生きていることの裸体でおどる寒くないのか
     花山周子「今は冬」

 (上の句⇔四句)+結句、という構造で、これまで挙げてきた上の句⇔下の句という図式の派生形、という感じがする。状況としては、子どもが裸でおどっていて、それを見ながら(体のすべてが生きている!)と感じている。けれどもふと我にかえって、(寒くないのか?)とも洩らしている。
 タイプについて言えば「高→低」になろうが、単純ではない。「!」と「?」も勝手に挿入してみたが、取替え可能な感じが十分にある。そこでたとえば次の歌を思い出してみる。

・生きるとは手をのばすこと幼子(おさなご)の指がプーさんの鼻をつかめり
     俵万智『プーさんの鼻』

 子どもの「指がプーさんの鼻をつか」んでいるのを見て、「生きるとは手をのばすこと」だと感じている。もちろん、「手をのばす」には、単に手をのばすこと以外のあれこれが含まれていよう。一つ一つ何かをつかもうとしていくこと、好奇心をもって近づこうとすること、……。子どもの動作からそれらを経由して「生きるとは手をのばすこと」に到達する、その、見てから感じるまでの時間――はっとした瞬間、それからあれこれ思いをめぐらせてたどりつくまでの時間――を読者も求めてしまう。
 けれども短歌を上から下へ読んでいくと、どうしてもその時間が足りない。そこで、「足止め」を用意したり、あるいはこの歌のように、出来事と感想を入れかえて提示したりするのだ。
 「生きるとは手をのばすこと」と言われて読者は考える。どういうことだろう、と、自分のことについて振り返る。わかるようなわからないような気持ちを抱き、けれどもなんとなく自分なりに思いあたる節がある、と思いながら続きを読む。はっ、とする。という展開だ。

 花山の歌にもどる。「子の体のすべてが生きている」と言われて、何のことだろう、と考える。「裸でおどる」で、ああ、となる。で、すかさず「寒くないのか」とツッコミが入る。この「寒くないのか」が効いている。一首全体がやや忙しい印象もあるが、「寒くないのか」に、ふつうの人のリアリティがあるような気がするのだ。
 ふつうの人、というのは粗雑な物言いだが、要は、「寒くないのか」でバランスをとっているのだ。建前と本音の配合のちょうどよいところで一首を提示する、それがそもそも、口語的、ということのように感じられる。口語的、というのは単に普段遣いの、くらいの意味ではなくて、そういうバランスのとり方、言ってみれば、ごくごく日本人的なやり方なのかもしれない。口語発想の文語、というものが短歌のなかで用いられるようになっていったのも、そのあたりを察知してのことなのだろうか。と、今回はこのあたりでおしまいにする。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する