福岡歌会(仮)アンソロジー

CAMPARIの背中


うす青い空に飛行機雲が生る散ったばかりの桜の色で

湖をなでゆく風の柔らかさホルン遠くに吹かれていたり

くちびるの渇き気にする仕草にてお前は笑う赤子のように

人参と高菜を換える 漬物はだめだと言ったお前のために

屈むとき丘になりたる筋肉が背骨の脇にひかる夕暮れ

CAMPARIの背中をなでてもう二度と会うことのないお前を思う

寝袋に沈みゆく我が肉体は四月の夜の底まで届く

新しくはじまる日々のために食む二層仕立てのチーズケーキを
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生まれ。「やまなみ」所属、野田光介に師事。16歳より作歌を開始。2016年、歌壇賞候補、現代短歌社賞次席、「温泉」50首が話題になる。2017年、現代短歌社賞次席。
▶︎現在、鳥ノ栖歌会に参加。ツイキャスユニット「いいぞもつとやれ」、企画同人誌「tanqua franca」で活動中。
▶︎初期作品を「空を見てゐる」18首にまとめています。その後の2014年〜2017年の作品は『湯』『温泉』にまとめています。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はkyushu.sc.m.yamasho@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR