FC2ブログ

1首鑑賞1/365

たばこ吸おうと思って寄り道したけれど渋谷の底に着くと落ちつく
   永井祐「12首もある」『歌壇』2018.12月号

     *

たばこ吸おうと思ったのは「落ち着く」ためか。吸いどころを求めて寄り道したけれど、歩き歩いて渋谷の底に着いたらなんだかそのことによって落ち着いてしまって、多分、たばこは吸わなかったのだとおもう。目黒から下ると渋谷だから「谷」、と寺井さんに教わった。その「谷」である感じが「底」にあらわれている。と同時に、もう少しちがった、渋谷というまちのあり方の地形的な部分でないところにも、底‐性があるような気がする。そしてむしろ、その底‐性こそがこの人を落ち着かせているようにおもわれる。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生。2018年、『温泉』(現代短歌社)を刊行。「やまなみ」所属。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はs.ohsamay@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR