FC2ブログ

十月漫吟

   10月5日(月)
夕はやく冷えはじめたる秋の日の風入る店に焼き鳥を食ふ
わづかなる金をおもへば一杯のジョッキビールは舐めるごとくす
土のにほひ草のにほひのダルムかな漂ふものは惜しむ間もなし
存外の歯ごたへあれば応へつつダルムは塩をまた頼みたり


   10月6日(火)
またもまたも本売りほどき帰るとき千円札のうすき一ひら


   10月7日(水)
うすぐらき高架のはたのさくらの木いまだ青々と葉を被りをり
なにごとかすばやき影を見るときに過ぎてゆきたり鼠の体
動悸してわれは見てをり一匹の鼠とほりし床のおもてを
床の上のものの隙間に住みをらむ隙から隙へねずみ疾駆す


   10月9日(金)
おふくろの味といふものひとつもなし風邪の夜を齧るりんごデニッシュ


   10月19日(月)
ネットカフェに籠りてをれば薄闇にひとのもの食ふ音はしたたる


   10月20日(火)
生々しく艶ある糸とおもへればそのかみにゐてやはらなる蜘蛛
天井にこまかき脚を掻きいそぎ蜘蛛は巣を張る秋のゆふべを
細きもの吐きつつおりてゆく蜘蛛の生唾のごとく糸は光りぬ


   10月21日(水)
蔭そのものとおもひゐたりし桜の木透くごとくなり秋の陽のなか
影ともなふ一生の果てに明るかるひとときあれば死は寂しからむ
寝るまへに読み朝に読みたのしみし『うたの動物記』をはりまぢかし
通勤に持ち出さざればなほさらに慾るごとく読みたるものを


   10月22日(木)
明るくも寂しくもなし雨の日は桜木が風景にもどりてゐたり
納豆をぐるぐるまぜてにこにこと食ふ人見ればDVを思ふ


   10月23日(金)
いつまでもあつたかいのがモスバーガーひえてもおいしいのがモスバーガー
うつぶせのときは感じてゐなかつた冷たさを仰向けは感じる


   10月25日(日)
割り印三つ押せば澄みゆく秋の日の書留で送る健康保険料
七月の分おくれつつ出す十一月はのこり六日とせまりくるとき
七代目市川團十郎博多来演之碑はありて十代目市川海老蔵の筆
川中へながく潜りてかへらざる鵜に飽きながら港への道
競艇の水尾わづかにも見えながら囲ひのほかの海眺めけり
枯れはてし噴水の皿に青年はスケボーの技を鍛へつつをり


   10月26日(月)
実は種のためにあるかとおもふまでつやめく枇杷の種のゆふぐれ
はづむやうには走れなくなり夕はやく冷えはじめたる秋の道ゆく


   10月27日(火)
フードコートぢやなくて食堂だつたころの寿屋の二階で食べたうどん


   10月30日(金)
金木犀は匂ふなしにほふともなく塀に寄りつつ坂くだるとき
南シナ海よりベトナムへいくつかも台風ありて十月果てむ
窓の外を蠅のごときがまつはれどかかはるでなし内に居すれば


   10月31日(土)
蛇口より出づるほのかなる湯にほどくうまかつちやんの油揚げ麺
スポンサーサイト



なんかうたはできたけれど、いまいちしっくりこないときのための自戒

01 一首の核はなにか、一首に核があるか

02 説明になっていないか、描写になっているか、場面があるか

03 上から下まで一本通ったうたばかりになっていないか、句切れはいろいろあるか

04 動詞が多すぎないか、名詞化したほうがよい動詞はないか

05 一首の容量におさまる内容か、書き分けたほうが適切でないか

06 歌作のきっかけにとらわれていないか、うたいたいことや言いたいことはどうでもいい

07 歌作のきっかけから遠くはなれすぎていないか、うたいたいことはなんだったか

08 歌会に出したらどうなるか、一首評で言及されたらどうなるか

09 動詞はほんとうにそれでよいか、もっと近い動詞はないか

10 音読してみてとおりがよいか、つっかえるところはないか

11 音読してとおりがいいだけでぺらぺらになっていないか、そのとおりの良さは必要なものか

12 視覚のうたばかりではないか、嗅覚・味覚・触覚・聴覚からうたうべきことはないか

やまなみ(2020年11月号)十首選

藍ふかき朝顔われの口もとに咲かせて嫁の手縫ひのマスク
   樋口洋子

動かざる雲と見ゆれど次つぎに形変へつつ病窓を過ぐ
   古賀弓子

日盛りを避けて家ぬちにこもりゐるふぬけのからだ二つに折つて
   山下整子

白秋も茂吉も勇も湯につかり歌を詠みたりわがふるさとに
   中村縁衣子

盆の客目には見えねど送りたり一人の部屋に提灯たたむ
   島しづか

高原の風に吹かるる露天湯に目つむれば秋 そのゆるぎなき風
   鹿田惠

全歌集読み継ぐ暑きあつき日々妻恋(つまごい)の歌にわれは親しむ
   古賀信之

手をさすり足をさすれば10分の母との面会もう終はりたり
   江川幸生

ベランダをはう守宮にもことばかけ異形の夏を過ごすたそがれ
   河本あつ子

一度だけ母が納めし厚生年金七十余年後給付されたり
   西村直子


(順不同)

やまなみ(2020年10月号)十首選

さるすべり白き炎(ほ)を噴くこの先を生きて泥まむ吾を見おろし
   野田光介

夏の月ゆらりと高く照りてをり友は逝きたりおほくを遺し
   長島洋子

土踏まぬホームの日々やわが家の庭歩みたし花・木々を恋ふ
   中村恵美子

背景のカーテンが時折揺らぐのを地中海の風と思い眺めき
   山路まり子

友よりの電話は愚痴が多くなり老いとは哀しい茜空仰ぐ
   世良田静江

踏切の向こうの子供はわたしだろう知らない人に手をつながれて
   相良信夫

パソコンのライブ画面に二男引く六頭の牛せり値を競ふ
   鹿田惠

ザ・ピーナッツがモスラモスラと歌ってた子供の頃の怪獣映画
   古賀音彦

もちの木に朝はやくより鳴く蟬よ悠斗は今年帰って来ません
   加藤かつこ

くまさんにパンツをはかせようとする孫の成長を見て帰りたり
   田村春美


(順不同)

9月の連作

2020年9月の諸誌紙から、気になる連作をピックアップします。(順不同)

     *

大松達知「Tokyo Blue」12首(「現代短歌」9月号)
「窓」の特集。「窓」のうたがさまざま並んで、「窓」とは何か、思考をうながすようなところがある。四首目〈「すいませーん、上からですいませんけども、そこにお願いします、すいません」〉は窓から身を乗り出して階下のひとに声をかける。十首目〈にんげんは〈窓〉を通らず 教室に窓から入る中学生あり〉は学校の風景。

永田紅「Zoomと天窓」12首(「現代短歌」9月号)
Zoomやらなんやらを使うようになって、それからの日々をうたう。特集のテーマは「窓」。四首目〈窓枠が並ぶがごとし顔顔顔 隣の部屋へはみ出せぬまま〉、七首目〈ミーティング終わればさっさといなくなる窓は閉じるというより消える〉など。八首目〈四月には皆いきいきと退出の際に手などを振りておりしが〉に、ああそうだったなあ、とおもう。こういうところから、「天窓」へうつっていく。

斉藤斎藤「エッセンシャル・ワーク(3)」30首(「短歌研究」9月号)
「V 4月第2週/6月第4週(承前)」「VI 4月7日(火)」を収める。「作品連載三十首」とあるが、数えてみると二十七首という感じがする。九首目〈国民に寄り添うあまり日本語がねじれる陛下のそういうところ〉は、「私たち」という表現をめぐる考察をうけての一首。総理の「私」と天皇の「私たち」。「ひとりびとりの命に、まっすぐに向き合い過ぎた」とき、二十三首目〈一度きりのぼくの人生がこいつらに吸い取られてく気がするだろう〉は植松死刑囚をうたう。

佐伯裕子「心」5首(「短歌往来」9月号)
三首目〈終わりなく答え欲しがる夏休みていねいに応えてあげればよかった〉、こういう後悔がずっとついてまわる。「心といえる手に余るもの」をはぐくみ、引きこもりとなった息子。その息子が外へ出て働くようになってどれくらい時間が経っただろうか。大きな時間をふくんだ一連。

前田康子「声音」5首(「短歌往来」9月号)
「二人子」の様子がそれぞれ描かれている。二首目〈面接より戻りて眠りいる夕の足指にまだ力入れしまま〉は娘だろう。面接のときそのままに「まだ力入れしまま」なのが切ない。四首目〈東京には来るなのメール 電話ならどんな声音で子は言っただろう〉はすでに家を出ている息子のほう。「東京の新感染者また100人を越える」という詞書が付く。子は子でおもうことあり、親は親でおもうことあり。

岩内敏行「学校」5首(「短歌往来」9月号)
休校がとけて、学校がはじまるというときをうたう。三首目〈一日がふたたびながくなるだろう あねといもうと二人の寝息〉におもいがこもる。かつて自分が学校に通っていた時間もかさなって映る。休校によって、一日の時間の流れがかわってしまった「二人」の、きょうの「寝息」、明日からの「寝息」。

篠弘「生くるとは」20首(「歌壇」9月号)
四首目〈山鳩は暗きうちより鳴きつづけ来客を待つ日は冴え返る〉の「冴え返る」のような妙にハイテンションなところがいい。八首目〈シベリアに抑留されしは五八万人ロシアの患者はその数越えむ〉はこういう比較になってくるのだと息を呑む。連載の終わった「戦争と歌人」が本になるようだ。十五首目〈まばたきの少なきわれに眼科医は遠くを見よと立ち上がりたる〉も結句の展開が読ませる。

青木昭子「風の伯爵夫人」20首(「歌壇」9月号)
語りかけるような文体に力がある。六首目〈柔かく煮えて香にたつ春牛蒡さうか五年か、がんばつたなあ〉の五年は夫亡き後の五年であると、ひとつ前のうたからわかる。十四首目〈マンゴーのむんむん匂ふ滴りを頬ばる時の集中力はや〉など、粘りづよいことばの連なりが印象的だった。

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生。2018年、『温泉』(現代短歌社)を刊行。「やまなみ」所属。
▶︎『温泉』ご購入はこちらから。現代短歌社のオンラインショップです。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はs.ohsamay@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR