FC2ブログ

6月24日

昼から時間ができたので、福岡歌会(仮)にほんのちょっと、夕方からは福岡ポエトリーにおじゃました。ずっと気になっていたのだが、なかなか行きだせず。みんなで行くというので連れて行ってもらった形だ。夕方と言えどもまだまだ日差しが強い。ワンオーダー制。コロナというビールを飲んだ(多分はじめて)。ライム(?)を沈めてビンでラッパ飲み。

   *

福岡ポエトリーはいわゆるポエトリー・リーディングの場である(ツイッターを見ると、「詩のオープンマイクイベント」と書いてある)。持ち時間はひとり10分。前の人が次の人を指名する形でつないでいく。

おそるおそる朗読をきく。声に出して読まれることによって、何割も増されてことばが届く感じがあった(歌詞が歌詞だけでは成立しないのと似ている)。詩を紙面で読むのでは入っていけないような詩世界に、自ずと入っていけるようなところがある。鑑賞という意味ではすごく良いことだと思うが、批評のときには逆にやっかいだなあと思う。もちろん批評ばかりが詩の読み方ではないから、これは職業病(?)みたいなことだと思うけれど。いずれにしても、得難い体験であった。

   *

歌集のゲラが届いたばかりでたまたま持ち歩いていたので、そこから「温泉」と「借金」の2つの連作を読んだ。短歌を読まない人にはどんなふうに聞こえたか。

   *

それからそれから、はじめて生の漫談というのを見た。すごかった。どこに行ってもすごい人がたくさんいるなあ、と思う。かなわないなあ。面白かった。

   *

夜は焼き肉とマッコリ。焼酎をちょっと。
スポンサーサイト



鳥ノ栖歌会

鳥ノ栖歌会のお知らせを随時更新します。
2017年1月にはじまった、超結社の歌会&勉強会です。不定期に開催しています。場所は鳥栖です。


【最新情報】
次回、第6回は9月開催予定です。


【過去の歌会】
立ち上げ
日時 2016年10月


下見
日時 2016年11月
場所 JR鳥栖駅周辺


プレ鳥ノ栖歌会
日時 2016年12月18日(日)13時〜
場所 サンメッセ鳥栖
*題詠「ノ」1首および自由詠1首


第1回鳥ノ栖歌会
日時 2017年3月12日(日)13時~
場所 サンメッセ鳥栖
*題詠「号」1首および自由詠1首


第2回鳥ノ栖歌会
日時 2017年7月16日(日)13時~17時
場所 サンメッセ鳥栖
*題詠「坂」1首および自由詠1首


第3回鳥ノ栖歌会(台風接近のため中止)
日時 2017年9月17日(日)13時~17時
場所 サンメッセ鳥栖
*題詠「旅」1首および自由詠1首


第4回鳥ノ栖歌会
日時 2018年2月27日(火)19時~21時
場所 サンメッセ鳥栖
*前半は「tanqua franca」を読む会①「盛田志保子×佐々木朔」、後半は自由詠1首による歌会


第5回鳥ノ栖歌会
日時 2018年4月8日(日)13時〜17時
場所 サンメッセ鳥栖
*前半は「tanqua franca」を読む会②「紀野恵×佐藤真美」③「穂村弘×寺井龍哉」、後半は自由詠1首による歌会

第7回福岡ポエイチ

いよいよ今週末となりました、福岡ポエイチ。
「Sho YAMASHITA」というブースを出しています。

・企画同人誌『tanqua franca』
・個人誌『meal』

の2つを頒布する予定です。


◆企画同人誌『tanqua franca』
「tanqua franca タンカフランカ」は、世代の異なる歌人2名のタッグ全7組が展開する企画誌です。メンバーは、阿木津英、紀野恵、佐々木朔、佐藤真美、寺井龍哉、濱田友郎、穂村弘、水原紫苑、光森裕樹、睦月都、盛田志保子、山下翔、山城周、渡辺松男。対談あり新作あり。詳しくはこちらから。


◆個人誌『meal』
新しい連作を2つ収録しています。「焼肉」55首と「カレーライス」15首です。


どうぞよろしくお願いします。

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生。2018年、『温泉』(現代短歌社)を刊行。「やまなみ」所属。
▶︎『温泉』ご購入はこちらから。現代短歌社のオンラインショップです。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はs.ohsamay@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR