凡フライ日記

山下翔と短歌

作品リスト(短歌)

【2017年】
・「梨と水」7首+エッセイ(『現代短歌』10月号、現代短歌社)
・「わたしは歩く」7首(『現代短歌』8月号、現代短歌社)
・「散髪の時間」12首(『現代短歌新聞』7月号、現代短歌社)
・「大きな家」8首(福岡歌会(仮)アンソロジーV、2016.6)
・絵画のための題詠5首—特集「短歌と絵画が出会う時」(『ARTing』第12号、花書院、2017.6)
・「さよならだけが人生だ」3首—特集「競詠 平成生まれの歌人たち」(『梧葉』VoL.53、梧葉出版、2017.4)
・「六地蔵」7首—「いま読みたい旧かな歌人」(『はつか』、2017.1)
・「かたはらにきみを」7首—特集「沖縄を詠む」(『現代短歌』2月号、現代短歌社)
・中本吉昭選「全国秀歌集(福岡県)」に1首掲載(『現代短歌』1月号、現代短歌社)


【2016年】
・『湯』(300首)20首抄—第4回現代短歌社賞次席(『現代短歌』12月号、現代短歌社)
・「温泉」50首(『九大短歌』第四号、2016.10)
・第59回短歌研究新人賞佳作5首掲載(『短歌研究』9月号、短歌研究社)
・「鰊」10首(『かぜまち』、ここのつ歌会、2016.6)
・「湯」8首(福岡歌会(仮)アンソロジーIV、2016.6)
・「親の落としもの」7首—特集「若き才能を感じる歌人たち」(『歌壇』5月号、本阿弥書店)
・「墓とラムネ」30首—第27回歌壇賞候補作品(『歌壇』2月号、本阿弥書店)
・恒成美代子選「全国秀歌集(福岡県)」に1首掲載(『現代短歌』1月号、現代短歌社)


【2015年】
・「空を見てゐる」18首(合同歌集『連嶺』、やまなみ短歌会、2015.12)
・染野太朗選「今年の十首」に1首掲載(『歌壇』12月号、本阿弥書店)
・「交流」30首 (『九大短歌』第三号、2015.10)
・「のぼろ」vol.10「山を詠む」出詠3首 (西日本新聞社、2015.9)
・「銀鱈の皮」30首 (『九大短歌』第二号、2015.6)
・「まだ風の冷たい五月二日に」8首 (福岡歌会(仮)アンソロジーIII、2015.6)
・「みるくぱん」20首—第39回芥火賞受賞作品 (『やまなみ』1月号)


【2014年】
・「マクドナルドでしりとりを」5首 (『九大短歌』創刊号、2014.6)
・「But, I don't have a car now.」10首 (『九大短歌』創刊号、2014.6)
・「ゆつくり歩いてもみた」8首 (福岡歌会(仮)アンソロジーII、2014.6)
・「歳月」7首 (『歌壇』6月号、本阿弥書店)
・「傘は差さずに街を歩いた」7首 (『NHK短歌』3月号、NHK出版)


【2013年】
・「CAMPARIの背中」8首 (福岡歌会(仮)アンソロジー、2013.6)
・「水飲み場」10首 (『現代短歌新聞』4月号、現代短歌社)

スポンサーサイト

PageTop

発表します! 「100首詠キャラバン2017」

ツイッターで告知しておりました「100首詠キャラバン2017」ですが、
ただいま26名の方から28冊のお申し込みをいただいています。(8/11現在)
内訳は、アが1冊、イが6冊、ウが11冊、エが10冊です。

まことに、ありがとうございます。

この取り組みは今年はじめてのものですので、まずは概要を説明します。

「100首詠キャラバン2017」とは……

9月に8日間、山下翔が、歌会に参加しながら全国をまわります。

○ ★札幌→函館→★仙台→★東京→★神奈川→★名古屋→★大阪→神戸という行程です。
・★では歌会に参加します。
・なお、各地での歌会につきましては各幹事の方におまかせしており、公表できるタイミングになりましたら、それぞれ公表しようと思います。


同時に、1日100首×8日間=800首を製作します。

○ それらを整理してまとめた小冊子を作ります。
・ホッチキス留めのごくごく簡単なものです。
・この小冊子は旅の記録であり、またごく個人的なお礼の品ですから、文フリや福岡ポエイチなどの各種即売会、通販などで今後販売することはいっさいありません。

○ 小冊子は全部で4種類あります。

  ア 短歌150首       (1000円)
  イ 短歌250首+エッセイ (2000円)
  ウ 短歌400首+エッセイ (3000円)
  エ 短歌800首+エッセイ (6000円)
  
・なお、内容に関して、ア⊂イ⊂ウ⊂エという包含関係がなりたちます。
(つまり、アに収録のものはイ、ウ、エにも収録されます。 同様に、イに収録のものはウ、エにも収録されます。ウに収録のものはエにも収録されます。)
・エについてお断り:作品は十分に仕上げますが、800首詠の記録、という要素を優先させることをお断りしておきます。


いずれも事前予約・前払い制にて承ります。(これを旅費の足しにしたいと思います!)

○ この取り組みにご協力いただける方は、ツイッターのDMまたはメールにてお申し込みください。

 ツイッター:@Yamashio_
 メール:kyushu.sc.m.yamasho@gmail.com(@は半角にしてください)

お申し込みの際、ア・イ・ウ・エのどれを希望するかを明記してください。

○ お申し込みいただいた方に、今後の流れなど個別にお伝えします。

お申込みの〆切は8月13日(日)までとします。また、お支払いの〆切は8月18日(金)までとします。

以上です。ご興味ある方、ご協力いただける方、お申し込みおまちしております。

追伸 これはまだどのくらい実現できるかわかりませんが、「エッセイ」の枠のなかで、協力してくださった方の一首評がやれたらなあ、と思っています。まだ断言はできませんが。

PageTop

作品リスト(文章)

【2017年】
暗がりから外を見る時(『現代短歌』4月号、現代短歌社)
……第一歌集ノオト(書評)に関野裕之歌集『石榴を食らえ』評を書きました

【2016年】
バネとしての〈の〉(『やまなみ』2月号)
……阿波野巧也および『京大短歌』を中心に、助詞の〈の〉について書きました

【2013年】
「の」の連続にみる一首のもつ世界(『現代短歌新聞』4月号、現代短歌社)
……助詞の「の」を連ねる歌をいくつか挙げて、その方法について考えました

PageTop