FC2ブログ

2月の連作

2020年2月の諸誌紙から、気になる連作をピックアップします。(順不同)

     *

池田はるみ「初の子年を」33首(「短歌往来」2月号)
前半、「ばあば」詠とはちがった側面がおもてにたった一連で、文体はわりあいさっぱりきっぱりしている。その中に〈寝る前に「もうしんどい」とわが言はぬしんどいはまだ少し先だよ〉〈遠き日のこのマンションはおつとりと妻が守れる空間だつたよ〉といったうたがさしはさまれ、この「よ」の口調に「ばあば」がちらっとうつる。語りかけのうただが、一連に物悲しさをあたえるようで、後半の「ばあば」詠への誘導にもなっているようだ。


大平千賀「ローリエ」5首(「うた新聞」2月号)
ささやかながら、一首一首にうまみがあって、引き締まった連作とおもう。〈浴室の窓を覗いて淡雪がすみずみに落ちてゆくのが見える〉、まだ雪の落ちていないところを埋めるように「すみずみに」まで降りおちる淡雪。〈夜の庭にローリエの葉を摘みとって涼しく香る手のひらとなる〉の「なる」。どのうたも体温のようなものを共有していて、それが一連をゆるやかにひとまとまりのものにしている。

     *

ほかに2月に読んだ連作から。

小島なお「蟹剥き」12首(「COCOON」3号、2017.3)
四首ひとかたまりの話題が三つ置かれるような構成。二つめ、三つめにはそれぞれ「糸魚川の大火事」「茂吉のふるさと」と詞書がつく。全体として無理にひとつらなりになるようにしている、というふうではなく、だからといってまったくばらばら、というふうでもないのがいい。どのパートにも印象的なうたがあった。


松井恵子「黒蜜」12首(「COCOON」7号、2018.3)
前半五首、〈妊娠の分かつた日から夕焼けの光にチェロの音が混ざつた〉からはじまり、妊娠から出産までという気持ちになりながら読む。ところが六首目、〈音読の声に広がるひらがなの花びら揺れてゐる子供部屋〉とあって、時間の感覚をすこし調整する。二人目とか三人目の子どもを妊娠しているのか、あるいはもっと大きな時間幅で一人の子の妊娠を振り返りつつ今にかえってくる連作なのか。あまり気にせずに読みとおせたのは、一連がストーリー展開によらないからだとおもう。うたとうたの、なにか緊張感のようなものに統一感があった。


牛尾今日子「旅日記拾遺」10首(「八雁」2019年11月号)
一首目の詞書に「ウズベキスタン」とあって、これが全体におよぶのだとおもう。その土地の空気感と、そこにはいりこんでしまった「わたし」が、その体感がえがかれる。〈どうしてか見てたらわかる日本から来た女の子わたしのほうも〉、ちょっとした挙動や、その人のまとっている気のようなものから、「わかる」し、同じようにむこうにもわかられる。〈みぎひだりに尻尾を振って歩いている牛を抜かして子牛も抜かす〉、四コマ漫画のようなたのしさがある。

1月の連作

2020年1月の諸誌紙から、気になる連作をピックアップします。(順不同)

     *

日高堯子「餅と池」21首(「短歌往来」1月号)
「喪の家」の「正月」から場面がはじまり、回想をまじえながら、どこか暗い(というか不穏な)雰囲気がえがかれる。〈みな餅が好きだつたなあと思ひ出づ切り餅のにほひは手紙のごとし〉、〈鯰がゐるぞと暗い池をのぞきこむ四、五人あかい夕暮れの中〉。


加藤治郎「冬の窓」7首(角川「短歌」1月号)
加藤さんはわりあい長めのテーマ連作のようなものに、ひとつ特徴があるのだが、いっぽうで、こういう短い連作にも印象的なものがおおいとおもっている。ひとつ場面にしぼって、濃厚な雰囲気をつたえてくるからだろう。〈雪になるかも窓がとっても冷たくてきれいなレモンもっとください〉。


水原紫苑「ポリス」7首(角川「短歌」1月号)
「天皇制」をめぐる一連で、「首里城は燃えしを」と対比しながら「即位の饗宴」を述べ、また「問はれざる者」として「天皇」をうたう。「皇后のなみだ」の「不可解」、「百重なすポリス」、「即位式反対デモ」、「われらの法(のり)を超え」るものとしての存在、制度をひとつひとつうたって印象深い。


池田はるみ「ひかり」7首(角川「短歌」1月号)
池田さんの「ばあば」詠がつづいている。一首目〈新春のひかりのなかを来る息子 一家が少し大きくなつて〉で、さっと話題に入っていく。孫が四人とのこと、としどしみんな大きくなるから、まさに「一家が少し大きくなつて」ということであろう。「新春」らしいことほぎのうた。にぎやかでたのしい一連だった。


大森静佳「夢のロープ」20首(「短歌研究」1月号)
〈あなたの心に鑢(やすり)をかけているとおもうこの傲慢の両腕が痒い〉、さいごのさいごの「痒い」でぞわっとする。「あなた」への「傲慢」について、大森さんは繰り返しうたう。言い方をかえ、また場面をかえ、繰り返しうたう。それが決して単調にいかないのは、この「痒い」、〈ぬぐってもぬぐっても甘いゆびのまま夢のロープをほどいてあげる〉の「甘い」があるからだとおもう。


米川千嘉子「不眠」20首(「短歌研究」1月号)
この作品に限ったはなしではないかもしれないが、米川さんの連作には思想的統一とでも呼びたいような、ある統一感をおぼえる。〈政治家はあやまるあやまるあやまることはこんなにも簡単だよとあやまる〉、政治家は/あやまるあやまる/あやまることは/こんなにも簡単/だよとあやまる、など。「平成」ということばを使って「平成」をうたおうとするのも米川さんの特徴である。


山木礼子「記憶」30首(「短歌研究」1月号)
作品連載の四回目。連載をとおしてひとつ視点がえがかれる。〈芋ほりに子が持ち帰る大ぶりで泥だらけの芋 こまりますよね〉、「こまりますよね」とはなかなか言えないこと、〈週末もまたがぬうちに気がつけば腐らせてゐた芋を捨てたり〉と当然なること、しかし「捨てたり」とはこれも言いづらいこと。「言えない」ということ、「言いづらい」ということの構造へ眼差しがむかう一連。


佐佐木幸綱「スクラム」30首(「歌壇」1月号)
「スクラム」とはラグビーのあのスクラム。去年ひととおり話題になったことではある。一連は、「ストーリー」というよりも場面転換によってひとつらなりになっている。話題がじつになめらかにころがっていくようでたのしい。〈坂の途中の横山邸の思い出の躑躅の花のむらさきの色〉はセルフカバーの趣にしてこの一連を象徴するようでもある。


米川千嘉子「二つの神」7首(「短歌往来」1月号)
〈この世なる音を吸ひあげ落つる滝にんげんのもたぬ身体の音〉の一首が、じっさいの場面から「神」への連絡になっている。全体として思索の一連。ただ、最後の一首だけ「昔のこと」という詞書をはさんで思い出の場面がえがかれる。この急激な落差によって、一連が締まっているようにおもう。

     *

ほかに1月に読んだ連作から。

真野少「グラム」10首(「八雁」2018年1月号)
猫挽歌。死の直前から火葬までの一場面一場面、その細部が点々とえがかれる。「ゆりのき通りの草むらで啼いていた」という詞書があって〈いきものがグラムで呼ばるるまぶしさのかつておまえにありて呼びにき〉の一首、連作うしろから二つめのうたである。せつなく、印象的にひびく。

もっとも心に残ったこの連作2019

心に残ったこの連作2019各部門から5篇ずつ、もっとも心に残ったものを選びました。

短い連作では、うたの数に合った話題の絞りこみや、作品世界としてのまとまりについて考えさせられました。大きな飛躍や展開ではなく、しかし単調ともちがう、抑制されたなかでの具体のバリエーションが一連を活かしているようにおもいます。

長い連作の場合は、こんどはどう一連をまとめていくか、なにをもって推進していくか、というところに注目しました。詞書の工夫や、ひとつのモチーフを象徴的に点在させる方法、またストーリーではない、エッセイふうの場面転換などによって読者をおもいがけないところに連れていく、そういう連作に惹かれます。

長短のどちらとも言いがたい、中間の長さの連作については、ひとつの場面でおしきって細部が迫ってくるものがある一方で、どこか間延びした印象を受けるものもありました。大きな場面転換を入れるにしても、ひとつに絞って構成するにしても、難しい長さというのがあるなあとおもいます。一連を前から読むことを前提にした文体的な仕掛けや、構成上のトリックが活きた作品も心に残りました。

以下に5篇ずつ列挙します。順不同です。ただし、ひとりの作者につきひとつの作品に限ることとしました。

     *

(1)10首未満の連作
「冬虹」7首(加藤治郎、短歌1)
「柿の木」7首(花山周子、短歌研究3)
「金魚」7首(永田紅、短歌研究3)
「怖いのりもの」7首(渡辺松男、短歌研究6)
「松本にて」7首(三枝浩樹、現代短歌11)

     *

(2)10首以上20首未満の連作
「初春」12首(後藤由紀恵、歌壇3)
「ながく覚えて」12首(小島なお、歌壇5)
「蟻の夏」12首(小島ゆかり、現代短歌新聞7)
「L氏」13首(染野太朗、現代短歌8)
「空耳、小耳」10首(竹中優子、短歌9)

     *

(3)20首以上30首未満の連作
「沸点まで」24首(大森静佳、現代短歌1)
「岡本太郎の絵」20首(佐佐木幸綱、歌壇3)
「早春賦」28首(日高堯子、短歌5)
「スッポンの夜」20首(穂村弘、歌壇7)
「いきものの夏」28首(馬場あき子、短歌11)

     *

(4)30首以上の連作
「石蓮花」33首(吉川宏志、短歌往来1)
「父さんでしたか」30首(藤島秀憲、短歌研究1)
「エンジェル」30首(武田穂佳、短歌研究5)
「大黄」50首(小池光、現代短歌10)
「カフェテリア」30首(斉藤斎藤、短歌研究10)

     *

2020年は毎月少しずつ、連作を読んでいこうとおもっています。

心に残ったこの連作2019

5つの総合誌を中心に、この1年間で印象深かった連作、繰り返し読みたいとおもった連作、いまだによくわかっていない連作などなど、心に残った連作を列挙します。文体や題材や措辞の好き嫌いや、現在の興味関心に左右されている面がおおいにあると思いますので、あらかじめご了承ください。総合誌以外について、たとえば結社誌、そのほかの短歌会の機関誌、また新聞等については、読み得たものについては、できるかぎり対象にしています。去年よりずいぶん多くなりました。

     *

(1)10首未満の連作
「冬虹」7首(加藤治郎、短歌1)
「車道」5首(武田穂佳、短歌2)
「母子手帳」7首(竹内由枝、短歌3)
「厳冬呻吟」7首(寺井龍哉、歌壇3)
「花のブリューゲル地獄のブリューゲル」7首(小林真代、現代短歌3)
「水仙」7首(真中朋久、現代短歌3)
「柿の木」7首(花山周子、短歌研究3)
「金魚」7首(永田紅、短歌研究3)
「音は光に」7首(佐藤真美、現代短歌4)
「早春の朝に」7首(三枝浩樹、現代短歌4)
「紫雲英」7首(鵜飼康東、現代短歌4)
「花七つ」7首(小池光、現代短歌4)
「この冬は」5首(石井大成、現代短歌新聞4)
「春」5首(越田勇俊、梧葉-春)
「小さい人」7首(佐佐木幸綱、短歌研究6)
「怖いのりもの」7首(渡辺松男、短歌研究6)
「ひもを選んで」7首(ひも、に﹅﹅)(田村元、短歌研究6)
「冬のつづき」7首(内山晶太、短歌研究6)
「くら寿司」7首(染野太朗、短歌研究6)
「シャープ」7首(阿波野巧也、ねむらない樹vol.3)
「旅のあと」7首(山川藍、短歌9)
「五十二年プラン」5首(小坂井大輔、短歌往来9)
「レイクサイドホテル」7首(髙野岬、短歌10)
「泡」7首(丹治久惠、短歌往来10)
「大きな頭」7首(野田光介、歌壇11)
「松本にて」7首(三枝浩樹、現代短歌11)

     *

(2)10首以上20首未満の連作
「大きなSNSの下で」13首(工藤吉生、現代短歌2)
「心霊レストラン」15首(笹公人、ねむらない樹vol.2)
「初春」12首(後藤由紀恵、歌壇3)
「春の夜の」10首(柳澤美晴、短歌往来5)
「ながく覚えて」12首(小島なお、歌壇5)
「パレード」13首(千葉聡、短歌往来6)
「最強のうさぎ」10首(山田航、短歌7)
「夏川」10首(河野美砂子、短歌7)
「隅田川河畔」12首(澤村斉美、歌壇7)
「家」12首(睦月都、現代短歌新聞7)
「蟻の夏」12首(小島ゆかり、現代短歌新聞7)
「夕立」12首(染野太朗、歌壇8)
「船」13首(大口玲子、現代短歌8)
「娘は合格」13首(斉藤斎藤、現代短歌8)
「かねひで」13首(大松達知、現代短歌8)
「L氏」13首(染野太朗、現代短歌8)
「浜風とオカリナ」15首(鈴木加成太、ねむらない樹vol.3)
「空耳、小耳」10首(竹中優子、短歌9)
「だんごむし」12首(一ノ関忠人、歌壇9)
「徒競走」12首(梶原さい子、歌壇9)
「触れないのは」10首(小島なお、短歌11)

     *

(3)20首以上30首未満の連作
「沸点まで」24首(大森静佳、現代短歌1)
「きたきつね」24首(山本夏子、現代短歌1)
「椿の夜に」28首(大口玲子、短歌2)
「処女の泉」21首(小池光、短歌往来2)
「腐葉土」24首(永田紅、現代短歌2)
「公式」24首(小島なお、現代短歌2)
「岡本太郎の絵」20首(佐佐木幸綱、歌壇3)
「風除室」20首(田村元、歌壇3)
「博徒のような」24首(前田康子、現代短歌3)
「鯉盗人」28首(小池光、短歌3)
「ひなたみず」24首(齋藤芳生、現代短歌4)
「早春賦」28首(日高堯子、短歌5)
「美馬牛」20首(吉川宏志、歌壇5)
「セロテープ透ける向こう」24首(小島なお、現代短歌5)
「春の自転車」20首(花山多佳子、歌壇6)
「行方」24首(内山晶太、現代短歌6)
「毛づくろひ」28首(小島ゆかり、短歌7)
「スッポンの夜」20首(穂村弘、歌壇7)
「ドライフラワー」24首(山本夏子、現代短歌7)
「どうぶつのおいしゃさん」24首(永田紅、現代短歌8)
「藁部ナンナン君新作二十首Ω」20首(渡辺松男、歌壇8)
「雨がからむ」21首(黒瀬珂瀾、短歌往来9)
「降らぬ曇りを」28首(花山多佳子、短歌9)
「ゴースト」24首(宇都宮敦、現代短歌10)
「青い空、青い草生」24首(染野太朗、現代短歌10)
「6秒待つ」20首(川島結佳子、短歌研究10)
「たつこ」20首(田口綾子、短歌研究10)
「諸橋さんと遊ぶ」28首(永田和宏、短歌10)
「いきものの夏」28首(馬場あき子、短歌11)
「広い心で」24首(花山周子、現代短歌11)
「流星の文字」21首(小島ゆかり、短歌往来12)
「テオの朝」28首(佐佐木幸綱、短歌12)
「ココロとカラダ」28首(今野寿美、短歌12)

     *

(4)30首以上の連作
「石蓮花」33首(吉川宏志、短歌往来1)
「父さんでしたか」30首(藤島秀憲、短歌研究1)
「1989-2018」30首(石川美南、短歌研究1)
「密林の風、負け犬の空」31首(俵万智、短歌研究4)
「セルフ・デストラクティヴ・システム――撤退戦の試み――」100首(吉田隼人、現代短歌4)
「エンジェル」30首(武田穂佳、短歌研究5)
「チーズと火薬」30首(山木礼子、短歌研究6)
「生活」30首(斉藤斎藤、短歌研究7)
「BLUE」30首(武田穂佳、短歌研究8)
「神に視、点(1)」33首(斉藤斎藤、短歌往来8)
「天国」30首(山木礼子、短歌研究9)
「大黄」50首(小池光、現代短歌10)
「カフェテリア」30首(斉藤斎藤、短歌研究10)
「落日」30首(中野霞、短歌研究10)
「Ada(死の……)」30首(藪内亮輔、短歌11)
「やさしき距離」30首(栗木京子、短歌研究11)

     *

列挙した作品をこれから読み返して、(1)〜(4)それぞれから5篇ずつ、もっとも心に残った連作2019を選びたいと思います(そのさい、ここには挙げていないものを候補に加えることもあります)。

連作覚書2019(その4)

連作覚書2019(その3)のつづきです。なかなか長くなってきました。

     *

12月3日(火)

「ねむらない樹」vol.2(2月)から笹公人「心霊レストラン」15首、「ねむらない樹」vol.3(8月)から阿波野巧也「シャープ」7首鈴木加成太「浜風とオカリナ」15首をそれぞれ挙げる。いずれも作風が端的にあらわれていて印象にのこった。

「歌壇」11月号、野田光介「大きな頭」7首は、これも作風とかかわってくるが、諧謔の一連。角川「短歌」10月号、永田和宏「諸橋さんと遊ぶ」28首は漢字遊びの一連で、「遊び」が徹底していて読まされた。「短歌研究」11月号は、栗木京子「やさしき距離」30首、挽歌一連に立ち止まる。〈苦しいと言はず必死に呼吸して必死の尽きしとき母逝けり〉など。栗木さんらしい「距離」感がある。

「現代短歌」11月号、花山周子「広い心で」24首は、このところの花山作品に横溢する、ある種の字余り文体に引きずり込まれる。〈ダイヤモンドの日輪のなか見つけたる猫じゃらし一本を娘に贈る〉における「ダイヤモンド」「贈る」という語の粒のおおきさにも注目する。特集から、三枝浩樹「松本にて」7首を挙げる。三枝さんのうたのなかでは、わりあい意味内容のさっぱりした、というか、表現の奥の奥のほうまでいかないうたい口が、かえって心をとらえる。「短歌往来」12月号は小島ゆかり「流星の文字」21首、角川「短歌」12月号は佐佐木幸綱「テオの朝」28首今野寿美「ココロとカラダ」28首をそれぞれ推す。

「現代短歌新聞」4月号、石井大成「この冬は」5首は、小品ながら体温たかく、広がりのある一連。「現代短歌新聞」7月号から、睦月都「家」12首小島ゆかり「蟻の夏」12首を挙げる。「梧葉」春号は越田勇俊「春」5首がしっとりとしてやわらかく、かつ、勢いのある文体で読ませる。

     *

以上、ひととおり読みおわりました。まだまだ同人誌、結社誌などあるのですが、ここまでとします。

(おわり)

プロフィール

山下翔(やました・しょう)

Author:山下翔(やました・しょう)
▶︎1990年生。2018年、『温泉』(現代短歌社)を刊行。「やまなみ」所属。
▶︎『温泉』ご購入はこちらから。現代短歌社のオンラインショップです。
▶︎お問い合わせ、ご依頼はs.ohsamay@gmail.com(@は半角に変えてください)までご連絡ください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR