凡フライ日記

山下翔と短歌

作品リスト(短歌)

【2017年】
・「大きな家」8首(福岡歌会(仮)アンソロジーV、2016.6)
・絵画のための題詠5首—特集「短歌と絵画が出会う時」(『ARTing』第12号、花書院、2017.6)
・「さよならだけが人生だ」3首—特集「競詠 平成生まれの歌人たち」(『梧葉』VoL.53、梧葉出版、2017.4)
・「六地蔵」7首—「いま読みたい旧かな歌人」(『はつか』、2017.1)
・「かたはらにきみを」7首—特集「沖縄を詠む」(『現代短歌』2月号、現代短歌社)
・中本吉昭選「全国秀歌集(福岡県)」に1首掲載(『現代短歌』1月号、現代短歌社)


【2016年】
・『湯』(300首)20首抄—第4回現代短歌社賞次席(『現代短歌』12月号、現代短歌社)
・「温泉」50首(『九大短歌』第四号、2016.10)
・第59回短歌研究新人賞佳作5首掲載(『短歌研究』9月号、短歌研究社)
・「鰊」10首(『かぜまち』、ここのつ歌会、2016.6)
・「湯」8首(福岡歌会(仮)アンソロジーIV、2016.6)
・「親の落としもの」7首—特集「若き才能を感じる歌人たち」(『歌壇』5月号、本阿弥書店)
・「墓とラムネ」30首—第27回歌壇賞候補作品(『歌壇』2月号、本阿弥書店)
・恒成美代子選「全国秀歌集(福岡県)」に1首掲載(『現代短歌』1月号、現代短歌社)


【2015年】
・「空を見てゐる」18首(合同歌集『連嶺』、やまなみ短歌会、2015.12)
・染野太朗選「今年の十首」に1首掲載(『歌壇』12月号、本阿弥書店)
・「交流」30首 (『九大短歌』第三号、2015.10)
・「のぼろ」vol.10「山を詠む」出詠3首 (西日本新聞社、2015.9)
・「銀鱈の皮」30首 (『九大短歌』第二号、2015.6)
・「まだ風の冷たい五月二日に」8首 (福岡歌会(仮)アンソロジーIII、2015.6)
・「みるくぱん」20首—第39回芥火賞受賞作品 (『やまなみ』1月号)


【2014年】
・「マクドナルドでしりとりを」5首 (『九大短歌』創刊号、2014.6)
・「But, I don't have a car now.」10首 (『九大短歌』創刊号、2014.6)
・「ゆつくり歩いてもみた」8首 (福岡歌会(仮)アンソロジーII、2014.6)
・「歳月」7首 (『歌壇』6月号、本阿弥書店)
・「傘は差さずに街を歩いた」7首 (『NHK短歌』3月号、NHK出版)


【2013年】
・「CAMPARIの背中」8首 (福岡歌会(仮)アンソロジー、2013.6)
・「水飲み場」10首 (『現代短歌新聞』4月号、現代短歌社)

スポンサーサイト

PageTop

阿波野巧也「緑のベンチと三匹の犬」を読む1

 「詩客」というサイトに、阿波野巧也の作品「緑のベンチと三匹の犬」が載っている。阿波野作品の現在がよくあらわれている10首連作だなあ、と思ってうなりながら読んだ。

・父親とラッパの写真 父親は若くなりラッパを吹いている
   阿波野巧也「緑のベンチと三匹の犬」

 写真、というのは(って別に写真に限った話ではないし、なんなら短歌だってそうだけど)過去をうつすものである。けれど、その写真の中(に限った話ではないし、たとえば短歌とか歌集だってそうだけど、その中)で、そのものや人や、景色は現在形である。

 掲出歌ではまず「父親とラッパの写真」が示される。この時点で、父親とラッパをどのように結びつけるかは読者にまかされている。
 ——父親が楽器屋で働いていて、ラッパをみがいている。
 ——父親が趣味でラッパをやっていて、吹いている。
 なんでもいい。そこは一旦フラットに、「と」という助詞で並列に配される。

 次に一字空いて、もうひとつのかたまりへ。ここですこし、状況がわかってくる。
 父親は「若くなり」というのは奇妙であるけれど、いまの父親の像がわたしのなかに、あるいは実際にあって、そこから写真のなかの父親へ目線をうつすとき、たしかに父親は若くなる。父親は若いままで写真の中にいる、というふうな把握もできるだろうけど、そうではなくて、あくまで、わたしが時間をさかのぼって写真のほうへ向かっていく、この視線が一首の核である。そしてそこで、父親は「ラッパを吹いている」。

 ——父親とラッパの写真 父親が若くなりラッパを吹いている
 ——父親とラッパの写真 父親はまだ若くってラッパを吹いている
 ——父親とラッパの写真 父親がまだ若くってラッパを吹いている

 と、書き換えてみる。「父親は若くなり」のニュアンスがだいぶわかってくる。このあたり、もうちょっと詰めないと評にはならないけれど、ともかくおもしろかった。
 これは文体、というよりは情報の削ぎ方に魅力があるんだろうなあ、と思う。状況の示し方や、気分の出し方に独特の色味がある。このあたりをふくめて、2首目以降も検討したい。

PageTop

伊舎堂仁『トントングラム』を読む1

ラジオ体操の帰りにけんかしてけんかし終えてまだ8時半
   伊舎堂仁『トントングラム』(2014)

 夏休みなんかに朝から集まってやるラジオ体操、をまずはイメージした。6時半、だったかな、実際にラジオで流れるラジオ体操の音楽と解説をききながらするラジオ体操である。毎日通ったらなにかもらえる、みたいなカードをぶらさげて、一日ひとつスタンプをおしてもらう。というのをやっても、7時には解散、という感じだろう。「まだ」8時半、というのは、けんかするだけけんかして、それでも「まだ」8時半、つまり、こどもの朝は早い、なんでこんなに早いんだろう、というかこどもの一日は長い、その変な感じやある種の懐かしさがこの歌の肝だ、とまで思って読んだのに、いま、少し考えてみるとそうじゃないな、ということがわかる。
 まず、7時から8時半はけっこう長い。ちょっとけんかした、くらいのことにしては長すぎる。ラジオ体操の場所から家までの距離、歩いてか自転車か、帰るのにかかる時間をさし引いても、長い。それで歌をもう一度読んでみると、「けんかして」で上の句が終わるのに続けて「けんかし終えて」と、けんかする、が繰り返されている。上の句と下の句の間をはさんでのリフレインに、けんかの長さを感じることができないだろうか。かなりしっかり、けんかしたのだ。ちょっと口げんかした、とか、ちょっともめた、とかではない。一応はけんかし終えているけれど、なんだか終わってる感じがしない。いや、終わっているんだけれど、何かが残っている。こどものけんかみたいに忘れておわり、仲直りしておわり、なんならもう遊んでるさっきまであんなにけんかしていたのに、という呆気なさが、この歌のけんかにはない。
 つぎに、ふたたび「まだ」という副詞に注目したい。「まだ」8時半、というのを、その渦中にいるこどもが感じるかなあ、という不安が読んでいて残った。時間が全然経っていない、という意味の「まだ」で、たしかに時間が経ってないなあ、とかもうこんな時間なのか、とか、こどもであっても感じることではある。ただ、さっきのけんかの感じと合わせて考えると、どうもここにいるのはおとなのような気がする。ラジオ体操、けんか、まだ8時半、というこどものイメージを引き起こすようなことばで歌を作っていて、たしかにそのイメージがまず浮かぶのだが、しかるのち、そのこどもがにゅーっとおとなにすりかわっていく、そういう奇妙な作りになっているんじゃないか。
 というわけで、おとな、を想定してもう一度歌を読んでみる。おとな、でもまあふだんからラジオ体操をする人はいるし、そういう集まりもあるわけで、必ずしも夏休み、とは言えない。いつでもいい。つぎに、ラジオ体操から帰る、と言っているので、家からラジオ体操をする広場に行って、みんなでラジオ体操をして、それからまた家に帰る、ということだろう。その帰り道、というか帰りはじめにけんかがはじまって、だから結局まだ広場を出ていないかもしれない。帰り、というのはラジオ体操の後から家までの「時間」を表しているわけだ。それでひとしきりけんかして、けんかし終えて、はあ疲れた、っていうかなんでこんな朝っぱらからけんかなんだよ、なんか後味もよくないし。で、時計を見ると「まだ」8時半、という歌である。
 「まだ」というのはこの一首において、たんに、時間が経ってないことに対する「まだ」ではない。相当の気持ちがのった「まだ」なのだ。そしてこの「まだ」という副詞の、ひとつの感じを具体例といういわば比喩によって提示しているのがこの一首の肝心ではないだろうか、と、そういうふうに考えている。

PageTop

作品リスト(文章)

【2017年】
暗がりから外を見る時(『現代短歌』4月号、現代短歌社)
……第一歌集ノオト(書評)に関野裕之歌集『石榴を食らえ』評を書きました

【2016年】
バネとしての〈の〉(『やまなみ』2月号)
……阿波野巧也および『京大短歌』を中心に、助詞の〈の〉について書きました

【2013年】
「の」の連続にみる一首のもつ世界(『現代短歌新聞』4月号、現代短歌社)
……助詞の「の」を連ねる歌をいくつか挙げて、その方法について考えました

PageTop

小池光『思川の岸辺』を読む1

一日の過ぎゆくはやさ凝視して妻と二人あり十一月二十日
   小池光『思川の岸辺』(2015)

 巻頭の一首。「マゼラン」という題のついた連作から歌集は始まる、その一首目の歌である。表現としては「妻と二人あり」の「二人あり」にまずひっかかるのだが、上の句の状況も実はかんたんなものではないような気がして読み返してみた。
 一日の過ぎゆくはやさ、というのは基本的にはどんな日でも等しいわけだが、この日は特別はやく感じられた、と読みたいきもちを少しこらえて、〈一日の過ぎゆくはやさというもの〉くらいにとってみる。そういうもの一般を指している、と読んでみるのだ。もちろん、結句を見れば「十一月二十日」とあって、ああ、この日が何か特別な日で、だから、そんな日だからこそ一日の過ぎゆくはやさが速いんだろうなあ、と思ってみることもできる。わざわざ日付を指定しているから、なにかあるんだろうな、と。ここで、ついつい「特別はやく感じられる」とか「一日の過ぎゆくはやさが速いんだろうなあ」と書いてしまったけれど、はやさ、と言っているだけであって、それが大きいとか小さいとか、つまり速いとか遅いとか、そういうことは書かれていない。この人はただ、じっと見ている。たとえば〈一日の過ぎゆくはやさというもの〉は等しいはずなのにこんなふうに遅い日もあれば、昨日のように速い日もある、さて、どういうことだろう、というふうに。それもできるだけ考えずに、起こっていることを目でとらえようと集中している。どういうことだろう、とは思っていても、それをなにか理論をひっぱってきて考察する、というふうではないのだ。その「凝視する」ような視線そのままに妻と自分とが居る状況をとらえたときに、「妻と二人あり」という表現がうまれる。(この接近をあらわすのが助詞の「て」である。)さらにその視線は保たれながら今日という日の日付へと至り、結句、十一月二十日、とくくられている。そういう意味でこの一首は、どんなきっかけであったかはわからないが、ともかくまず誰か、〈一日の過ぎゆくはやさというもの〉を凝視する人がいて、その人がその視線を保ったままに現実世界に触れ、妻と二人ある状況をとらえ、十一月二十日という日付にただりついた、そういう一首であろうと思うのだ。

PageTop